Colorful Arrangement

カラーリングでくせ毛がひどくなる

カラーリングは髪の毛のメラニン色素を酸化分解して、髪色を明るくします。
また低分子の染料が髪の毛に浸透して高分子化することで、好きな色を表現できます。
一方で、これらの薬剤はアルカリ剤なので、髪の毛の原料であるタンパク質を流出させる作用もします。
髪の毛には大きな負荷がかかるので、くせ毛が悪化しやすいです。
よってカラーリングをする時は、発色の良い一般的な染毛剤よりも、ヘアマニキュアや酸性カラーを使うと良いです。
行きつけの美容院がある場合は、美容師に髪の毛のダメージを補修するトリートメントを希望すると良いです。
元々くせ毛は遺伝的なものと、髪の毛のダメージが原因の後天的なものがあります。
日本人の9割は遺伝的にはストレートヘアなので、髪の毛がうねる人はカラーリングが悪影響を与えている可能性が高いです。
洗浄力の強いシャンプーは、傷んだ髪の毛をさらに傷付けるので、ノンシリコンや添加物の入ってないシャンプーを使います。

くせ毛でカラーリングしたい場合に選択するのは

くせ毛の場合、縮毛矯正やパーマなどを繰り替えすことが多く髪の毛はダメージを受けることが多いです。
くせ毛の人もカラーリングして髪の毛の色を変えて楽しみたいと考えても、縮毛矯正などで痛んだ髪の毛にカラーリングでさらにダメージを与えることは躊躇してしまうこともあります。
カラーリングにには、ヘアカラーやヘアダイという酸化染毛剤を使用したタイプと、ヘアマニキュアや酸性カラーなどの酸性染毛剤を使用したタイプがあります。
違いは染料を毛髪内部まで浸透させるか、させないかというやり方に違いがあります。
ヘアカラーやヘアダイはカラーの発色が良く持ちも良いですが、染料剤に配合されているアルカリ剤が髪内部に残留し、タンパク質の流出を促進するため、くせ毛の場合にはダメージが大きくなる方法です。
ヘアマニキュアは、染料が髪内部まで浸透しないため、髪表面の浅いところでイオン結合して着色します。
カラーの発色は控えめで色持ちも1ヶ月程度と短いですが、髪の毛へのダメージは軽いため、クセ毛でカラーリングしたい場合は、ヘアマニキュアや酸性カラーが良い選択です。

注目サイト

学芸大学 内科

Last update:2017/7/27