Colorful Arrangement

カラーリングで印象を変える

男女問わず外見の印象は大切で、お洒落に気を使って様々なアイテムを活用しています。
女性は雰囲気を変えたいとかイメージチェンジをしたいというような気持ちになる事も多く、見た目を変える事は気分を向上させる材料にもなります。
メイクを変える事で印象を変える事も出来ますが、周りからすぐに気付いてもらえるイメチェンの方法は髪の毛のカラーリングです。
黒髪の人が急に明るい色にカラーリングしたり、茶色い髪の毛の人が真っ黒に染めると、ガラリとイメージが変わるものです。
輪郭の見え方も違ってきますから、それぞれのコンプレックスを解消する術にもなるでしょう。
最近は美容技術も進歩しており、カラーも単純な茶色、黒、というだけではなく、グリーンに近い茶色やアッシュ系と言ってグレーのようなカラーもあります。
肌の色によって似合う色も変わってきますが、たまにはそんな事を考えずに好きなカラーに染めてみるのもよいのではないでしょうか。

カラーリングの印象について

現在のカラーリングは、色の種類からトーンまで、多種多様にあり、美容室で染めるだけではなく、自分で手軽に染められる市販のカラーリング剤も販売されています。
沢山の選択肢があるため、どの色にしたら良いかと迷ってしまいますが、カラーリングの色次第では大きく印象が変わってしまうため、慎重に選ぶようにしましょう。
また、同じ系統の色であっても、トーンによって随分印象が違ってきます。
明るいトーンに染める程、髪にかかる負担は大きくなりますし、髪が伸びてきた際に生え際との色の違いが目立ってしまい、だらしなく見えてしまいがちです。
日本人の髪は褐色の色味が強いので、肌に馴染んだ自然で美しい髪色に仕上げるためには、8トーン位の明るさを選ぶのがベストです。
また、髪の赤みを消すには、補色の関係で緑が最適なので、グリーン系の色味を選ぶと、赤みを抑えた透明感のある仕上がりにまります。
清楚で女性らしい印象を与える、グリーン系8トーンのカラーリングがオススメです。

おすすめWEBサイト 5選

結婚祝いに向いたプレゼント

2018/6/28 更新